読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PaperSloth’s diary

Unity(C#)、UE4(Blueprint/C++)についての記事を書いたり日常のことをつぶやきます。

UE4を低スペックPCでも使おう!!

こんちは!
 
今日の記事は

UE4に興味はある!

使ってみたいけど、PCスペックが...
使ってみたけど、CPU使用率70%ェ...
 
といった問題を少しでも軽減する方法を紹介させていただきます。
実際問題 私のPCではシステム要件に達していません。(CPUの処理速度が不足)
システム要件はこちらになります。
OS   :Win / Mac, 64bit
CPU   :クアッドコア 2.5GHz以上
Memory :8GB以上
GPU   :GeForce 470 GTX / AMD Radeon 6870 HD series以上
 
 
システム要件を満たさない状態でUE4を起動すると、
CPU使用率は常時50%を越え
排熱は最高にhot!!!!
正直ウィルスかと思ったぐらいですw
 
それが今ではCPU使用率が20%程です。
勿論シェーダーコンパイル時などは
結構排熱すごいですw
ですが、基本的には快適にUE4を使えています。
 
 
 
ではでは、本題に入りましょう。
先ず、1番簡単なのはグラフィッククォリティーを落とすことです。
UE4の美麗な世界を表現したくて、インストールしたのに!
と思う方もいるかもしれませんが、
 
基本的に開発中はグラフィッククォリティーを落としてリリース時に戻せばいいと思います。
デフォルトでは確かEpicになっていますので、Autoでスペックに見合ういい感じのクォリティーに設定してもらいましょう。
設定位置はこちらです。

f:id:PaperSloth:20141118163807p:plain

いやー、絶景絶景(*´ω`*) 
 
 
次にグラフィッククォリティーを落としましょう。
え!?またかよ!!
とブチ切れそうな方々
申し訳ないですが、PCの延命のために耐えてください。
 
簡単な物はPost Process Effectを切ります。
  Edit->Project Settings

f:id:PaperSloth:20141118165530p:plain

まだまだ落としましょう。
 
 
UE4はデフォルトでMSAA(画像のジャギ 粗さ軽減処理)がかかっていますので、MSAAを切りましょう。

f:id:PaperSloth:20141118165811p:plain

なかなか画面が汚くなってきた頃だと思います。
 
 
 
そんな画面を見たくありませんね。
じゃあ、トドメに画面解像度を落としましょう。
描画しないことが一番の高速化ですからね(にっこり
 
Before 

f:id:PaperSloth:20141107185947p:plain

 
 

 

After

f:id:PaperSloth:20141118171537p:plain

ほら、この解像度なら軽い\(^o^)/

 
 
 

まとめ

突然ですが、まとめに入ります。
 
先ずは暴れだした方も暴れなかった方もここまで読んでいただきありがとうございます。
 
UE4の美しい世界に惚れ込んでインストールしたという方もいるかもしれません。
特に映像系の方々(-人-)
 
ですが...

UE4の一番の魅力はグラフィック以上にBlueprintだと思っています。

 
 
ルールさえ覚えれば誰でもゲームが作れます。本当に。
以前にもこちらで紹介しましたが、Blueprint(Visual Script)だからこそできることもあります。

UE4勉強会に行ってきました(累計3回目) - PaperSloth’s diary

 

私もC/C++から習い始めた身ですので、C++が使えるならBlueprintは要らないよ!
なんて思っていました。

非常に勿体無いことです!

新しい言語、ツールなどなど
最初こそはめんどうなことが多いかもしれませんが、その魅力を一度知ればきっとBPを手放せないでしょう。
 
そのため、グラフィックがしょぼいからとがっかりせずに楽しく開発しましょう!!
 
 
以上!
 
 
 
 
 
ではありません!!!
 
 
 
 
実は、裏技?がありますw
 Window->Output Log

f:id:PaperSloth:20141118171036p:plain

t.Maxfps 30と打ちます。

 
魔法の言葉で楽しいUE4 Lifeが送れると思いますw
グラフィッククォリティーもEpicで問題なく動作するかもしれませんw
 
 

本当のまとめ? 

この魔法は
恐らくEditorの最高fpsを30までに落としているのだと思います。
この辺りは曖昧で申し訳ないのですが、
UE4は使用PCで出せる最大のfpsを常に出そうと裏で頑張ってるのだと思います。
そのため、30まででいいんだよ!
って教えてあげればUE4も
めちゃくちゃ頑張らなくなり、
PCも延命治療を受けれるのではないでしょうか。
 
別に30ではなく20でも60でも問題ありません。
ここはPCに合った最適な数値を探ってみてください。
 
 
 
今日はこの辺で失礼します!
 
ではまた!